1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫食生活と生活習慣とを見直して便秘解消【私の便秘体験談】

食生活と生活習慣とを見直して便秘解消【私の便秘体験談】

生活習慣で便秘解消

30代後半になって仕事にも随分と慣れてきた頃、寝不足がたたって体調を崩した時期がありました。疲れが翌朝まで残り、肌も乾燥気味になり、お化粧ののりも悪くなってきて、気分もかなり落ち込む日々。そのうちに寝付きも悪くなり、寝不足はどんどんひどくなっていきました。寝たいのに眠れない辛さはそれまでに経験したことのないようなものでした。

私は事務職でしたので、一日中デスクに向かっています。体のだるさはあったものの、体力をさほど要する仕事ではなかったのでだましだましなんとか出社を続けていました。疲れが残っていたので、これ以上体力を消耗しないように、あまり動き回らないようにしていたのですが、後あと振り返ってみると、これが便秘の一因になってしまったんだと思います。

体を動かすことをやめたら、ますます便秘がひどくなる

なるべく体力を温存するために、それまで使っていた階段を止めて、ワンフロア上に上がるだけでもエレベーターに乗るようになりました。通勤で使っている駅でも、並んででも階段ではなくエスカレータに乗り、電車を見送ってでも空いている車両に乗って席を確保していました。

確かに体は動かさないのでラクではありましたが、動かないので、どんどん体力は落ちて行ったのです。それにあわせて食欲も減退し、体調はますます悪くなっていきました。

また、運動をしなくなったせいか、便秘の症状はますますひどくなり、3日間もお通じがないことも珍しくなくったんです。

これではますます便秘がひどくなると思い、食習慣と生活習慣を見直した

かれこれ1カ月ぐらい便秘が続き、お腹もはって苦しいことから逃れたくなり、何とか自然なお通じを目指さなくてはいけないと、やっと自覚が出てきました。

薬には頼りたくなかったので、まずこれまでの生活習慣と食習慣を見直すことに。なんでも便秘薬を使いすぎて、腸の状態が悪化すると大腸がんのリスクが高くなるそうなので、それを聞いてからは怖くて下剤は使えなくなりました。

眠れないのなら、せめて目覚めを良くして、日中にきちんと体を動かして(階段を使ったり、タクシーを利用せずに歩いたり)、適度な疲れの中で就寝することを最初の目標にしました。

後から知ったのですが、体を動かすことは腸の刺激に良いので、便秘解消には大切なんだそうですね。エレベーターを多用している方は、それをやめて階段を使われることをおすすめします。

それから朝起きてすぐに、水をコップ1杯飲むことから始めました。冷たいものは苦手でしたので、常温の水を少しずつのむようにしました。水を飲むと、体がさっぱりと目覚めるようで、徐々に朝食もきちんと食べられるようになりました。

食物繊維が豊富な生の果物や根菜を積極的に食べるように

食事も見直しました。生の果物(水溶性食物繊維が豊富なリンゴが中心)を一日の中で必ず取ることと、大根などの根菜を食べるようにしました。また、自然と和食が多くなり、栄養のバランスも整ってきたのだと思います。

そうするとだんだんと元気も出てきて、活発に動けるようになりました。こうなってくると悪循環から抜け出していることが自分でも分かってきましたので、良い流れを作ることはさほど難しくなくなりました。

毎朝の水は続けていましたが、日中にもなるべく水分を取るようにしました。水分が不足すると、便が固くなって排便がしづらくなりますからね。

以上にお伝えしたことを実践するようになってからは、お通じも徐々に良くなってきて、毎朝必ず出ると言うことにはなりませんでしたが、3日間便秘するようなことは一切なくなりました。

生活習慣を整えると食事もバランスが良くなり、栄養が取れると元気が出て体も動かせるようになります。そうなると自然と排便もできようになったんだと思います。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.