1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫1日30分のウォーキングを習慣にしただけで便秘が解消した

1日30分のウォーキングを習慣にしただけで便秘が解消した

ウォーキングで便秘解消

わたしは現在43歳の男性です。職業はフリーライターをしています。子供のころは毎朝快便でした。ほとんど便秘に苦しんだという記憶はありません。でも10年くらい前から時々便秘になるようになってしまいました。

便秘になるとひどいときは1週間くらいでません。とりあえず便意がなくてもトイレにはしばらくこもっているのですが、まったくでないか、ほんの少しだけコロコロと小さいものがでるだけで、すっきりした感じは全くありません。

時々、無理に力を入れすぎてしまい、おしりが切れてしまうこともありました。こうなってしまうと大変で、便器の中が血で真っ赤になってしまいます。それを見てしまうと恐ろしくて、力を入れて便を出すのが怖くなってしまいます。

便秘が原因のひどい頭痛や吹き出物に悩まされる

そうなるとますます便がでなくなってしまうのです。便秘になって特に困るのが、体調が悪くなることです。一番ひどいのが頭痛に苦しめられることです。

一日か二日も頭痛のために寝込んでしまうこともしばしばです。また顔などに吹き出物ができてしまい、見た目が悪くなってしまうのもつらいです。

また、タイミング悪くお腹が痛くなったりもします。しばらくトイレには行けないような状況の時に、お腹が張って張り裂けるのではないかというような痛みに襲われるのです。

一週間便秘になっては、硬い便が出る生活の繰り返し

当時便秘が解消するパターンは大体同じで、まず一週間くらい便が出なくなりその間に体調不良に苦しみます。

無理に頑張っておしりが出血して、力むのが怖くなりますが、そうも言っていられないので頑張って少しでもだします。少し出ると栓が抜けたようになって、そのあと連続して何回もトイレに駆け込みすべてを出し尽くします。でもまたすぐに便秘になります。

それでこんな繰り返しに苦しめられるのはもう嫌だと思い、便秘改善のための努力をするようにしました。

1日30分のウォーキングを習慣化しただけで、症状が劇的に改善した

最も効果があったのは、よく運動することです。わたしはいつも椅子に座って一日中パソコンをしていましたので、ほとんど運動らしいことも歩くこともしていませんでした。

でも3年前から毎日30分、家の周りをウォーキングするようにしました。ウォーキングする前には必ずコップ1杯の水を飲むようにもしました。ウォーキングは決まって朝食のあとにしていたのですが、ウォーキングの最中に便意をもよおすようになりました。

家につくとすぐにトイレに入って快便です。効果は始めてからすぐに感じることができました。今では毎日快便で、ほとんど便秘になることはありません。こんなに簡単にあの不快な便秘が改善されるのなら、もっと早くウォーキングを始めていればよかったと後悔しています。

歩くといった適度な運動は、副交感神経の働きを高めることにつながります。便意はリラックスした状態の方が出やすくなりますので、気持ちを落ち着かせるための副交感神経は便秘解消に大切になります。

また、姿勢を正して歩けば、便を出すのに大切な腹筋を鍛えられますので、その点から考えても便秘改善に効果的です。何より、サプリや薬を買う必要がありませんので、運動靴とスポーツウェアさえ用意すれば、無料で実践できます。

今、便秘に苦しんでいる人には、ぜひ1日30分のウォーキングを試していただきたいです。ジョギングなんて必要ありませんからね、歩くだけでOKですよ。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.