1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫発酵食品を食べ始めたら便秘体質が改善【納豆・キムチ・ヨーグルト】

発酵食品を食べ始めたら便秘体質が改善【納豆・キムチ・ヨーグルト】

発酵食品で便秘解消

フリーランスでライターをしている30代女性です。若い頃はあまり気になりませんでしたが、20代後半くらいになってからいろんな身体の不調が出るようになりました。

かれこれ5年くらいでしょうか。その一つが便秘という感じです。便秘が起こるのは、だいたい仕事に追われていて心に余裕がないときが多いです。個人的に生理日とかは関係ないですが、生理が始まる前の週くらいの気分が重いときに多いように感じます。

便秘の期間は2,3日から長くて5日間なのですが、お腹が痛いというか、張っている感じ。老廃物が胃腸のところに滞ってるなぁって実感するような感じで、変な臭いがしないだろうかと気になる程度でした。

何度トレイに行っても出るのは少量のウンチばかり

なんだか体調もだるくて何かをやりたいという気持ちにならないというジレンマもありました。おまけに便が出ても、うさぎのフンのような硬くて小さなもので、出すときにも痛くて困っていました。

出してもスッキリしないことが多く、何度もトイレに通うはめに。回数のわりには、出る量も少ないので徒労感もあって辛かったです。

便通をよくしようと酵素サプリメントや青汁を飲んだりしましたが、不規則な摂取なので、余り効果を感じませんでした。運動も苦手でやりたくないという気持ちの方が強かったです。

発酵食品を食べることで症状が一気に改善する

そんな中、個人的によかったのが発酵食品を食べることです。主にヨーグルトやキムチ、味噌汁、納豆などです。とにかく便秘を解消するには、腸内環境を整えるが大切だと思い、腸に良い乳酸菌が豊富なものをいっぱい食べました。

朝ヨーグルトを食べることで、少し腸の中が動いているような感じを受けました。実際に音がごろごろ鳴ったりもしました。ただ食べるだけではなくて、時間が出来たときに、ちょっとマッサージをするとなお便通がよかったと思います。

日経ヘルスか何かに載っていたマッサージ法で、ぐるぐるとと自分の手で胃のあたりを時計回りにマッサージするものです。

あとは、キムチをお鍋に入れたりとかして積極的に食べました。お味噌汁と納豆も必ず一日一色という感じで飲んでいたら、お腹の中につまっている感じがとれていく感じで、便通が改善しました。

特におすすめなの食品は納豆【ジピコリン酸で悪玉菌をたおす】

特に納豆に含まれているジピコリン酸という物質には、悪玉菌をたおす働きがあるので、腸内環境を改善したい方には、おすすめの食品です。

腸内環境が整って、腸内フローラが増えれば痩せやすい体質にもなりますので、やせ体型をキープしたい女性にはおすすめの食材です。

朝ヨーグルトを食べて、夜にキムチと納豆と味噌汁ですませると次の日は出るというパターンが習慣づきました。パンよりもごはんの方が食物線維が豊富ということもあり、昼と夜はなるべくごはんに切り替えたりもしました。

また、外食で白米か麦ごはんかを選べるお店では、より食物繊維が豊富な麦ごはんを選ぶようにしています。

今でも、仕事が忙しく便秘気味のときは、積極的に発酵食品を食べるようにしています。だいたい、次の日くらいには効果が出るし、ストレスも減ったので、便秘になる回数も相当減ったと思います。やっぱり食事は大切ですね。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.