1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫妊娠中の便秘の戦い@肌荒れ・切れ痔・体臭でもう最悪!

妊娠中の便秘の戦い@肌荒れ・切れ痔・体臭でもう最悪!

妊婦の便秘

私は30歳の女性で、現在は育児中で専業主婦をしています。もともと便秘気味の体質だったのですが、妊娠中はさらに酷くなりました。

妊娠初期から出産が終わるまで、ずっと三日も四日も出なくて、とても気分が悪かったです。お腹がゴロゴロと固くなるし、肌はぶつぶつと荒れるし、食欲もなくなります。身体全体がむくんで、しかも口臭や体臭がくさくなるので、強烈に嫌でした。

それまでは便秘になると、市販の便秘薬のビューラックを服用したり、腹筋したりしていましたが、さすがに妊娠中だと市販薬を飲むわけにもいきませんし、腹筋もできません。

腸まで届くヨーグルトを試すが効果はあんまりだった

それならせめてもの抵抗をと考え、食物繊維が豊富な果物のリンゴを多めに摂ったり、いつもは500gが100円くらいのプライベートブランドの安いヨーグルトを食べていましたが、奮発して腸までビフィズス菌BB536が生きて届くという触れこみの森永ビヒダス(すんごい高い!)を食べてみたりもしました。

しかし、あまり効果がなく、無理やり出そうとして、切れ痔※になったり、過呼吸になりかけたりしたので、六ヵ月くらいの妊婦健診の時に相談したら妊婦でも使える便秘薬を処方してくれました。

※ 次の記事でも紹介しましたが、妊娠中は便秘が原因の切れ痔で悩まれる方が非常に多いです。もし、症状が出たら恥ずかしがらずに病院へ行くようにしてください。マグミットやマグラックスなどのように妊娠中でも使える、酸化マグネシウムのお薬はありますからね。

妊娠初期の便秘が原因で生まれて初めて切れ痔になった

マグラックスとラキソベロンは抜群に効いた!

薬はマグラックスとラキソベロンというものです。二週間分でたいだい2,000円くらいでした。保険が効いてこの値段なのだから、普通に買うと7,000円くらいの便秘薬なのかと思うと随分高い薬だなと思いました。

ただ、効果があり過ぎて下痢になると怖いので、最初は一番少ない量を服用しました。そうすると、すぐに便秘は解消。効き過ぎることもなく、お腹が痛くなることもなく、とても助かりました。

妊娠が進むにつれてだんだん薬が効かなくなる

しかし、妊娠が進むにつれ、便秘薬は少ない量では効きにくくなり、気が付くとどんどんと服用する量が増えたんです。臨月の出産直前には上限いっぱいまで薬を飲まないと排便できない状況になっていました。

薬以外にも散歩の量を増やしたり、食事に気を付けたりしたのですが、とになくお通じが来なくて困りました。また、食事はもともと好物なのもあって、フルーツやサツマイモなどを積極的に摂るようにしたら体重が大幅に増えてしまい、先生にも叱られることに。

また、便を柔らかくするために水分もこまめに補給するようにしたら、ただでさえ子宮が膀胱を圧迫しているのに、さらにトイレが近くなって1時間間隔でトイレに行っていました。さらに丁度冬の季節だったので、便は出ないのに、尿ばかりは頻繁で、とにかく面倒で、外出をためらってしまうくらいです。

さらに出産直後は会陰切開をしたので、いきむのが怖くてしばらく便秘でしたが、一か月経つ頃には普通のお通じに戻りましたよ。妊娠中の便秘は本当につらかったですが、過ぎてしまえばそれも思い出ですね。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.