1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫便秘の激痛が原因で救急車で運ばれた!高校生時代のひどい便秘体験談

便秘の激痛が原因で救急車で運ばれた!高校生時代のひどい便秘体験談

善玉菌のチカラ

現在20代の女性です。現在は、システムエンジニア(SE)として働いており、1日の大半を椅子に座り姿勢で過ごしています。

初めて重い便秘になってしまったのは、高校3年生の時です。大学入試直前で、その当時も今に負けず劣らず、毎日かなり長時間にわたって椅子に座って、机に向かい勉強をしていました。

そんな時にふと、「そういえば、3日以上便が出ていないな……」と気付き、何となく心配になしました。ただ、目の前に受験がせまっていたころもあり、精神的にもかなり追い込まれていたので、なんだか自分の身体のことがどうでもよくなっていました。

食べたものをすべて戻してしまい救急車で運ばれる

ところが、1週間弱便が出ない状態が続いたある日のこと、夕食の後も、突然の腹痛に見舞われました。胃も腸も痛くなり、嘔吐しました。

どうやら便秘のせいで、行き場を失った食物が胃からこみ上げたようです。そのすぐに救急車で病院へ運ばれ、便を柔らかくするためのお薬(酸化マグネシウム)や、胃薬を処方されました。

便が元に戻るまでは、消化に良いもの(おかゆやうどん)や、腸の調子を整える乳酸菌を摂ることができる食べ物(ヨーグルト等の乳製品)を少しずつ食べていました。

原因となった宿便を出すためのそれらの食生活をするのは、食欲旺盛な十代の私にとっては、かなりツラいことでした。

大学生になっても便秘体質は治らなかった

それから大学に入っても、課題が立て込んだ時や定期試験前等で座った姿勢を長くとる期間が続くと、便秘になって体調を崩すことが多々ありました。

そういう時は、市販薬であるコーラックを規定量より少なめに服用し、無理やり便を出しすということをしていました。

ただ、コーラックに含まれているビサコジルやセンノシドなどの成分は私には強すぎたようで、規定量を服用すると、決まって下痢状態になり、刺すような腹痛をともないました。

便秘を解消するために体質改善に取り組んだ

そして、就職先が決まってからは、座り姿勢の多い職種だったため、このままではいけないと思い、便秘体質改善に取り組みました。

私が具体的におこなったのは、食生活の見直しと、運動習慣をつけることです。

体調があまりよくない時・疲れている時は、普段どおりの食事ではなく、腸内に負担をかけないように、できるだけ薄味で、あたたかくやわらかいものを食べるようにしました。

また、これも腸のためなのですが、毎日ヨーグルトを食べたり、納豆や味噌などの日本古来の発酵食品を摂ることも心がけました。それから、手軽に乳酸菌を摂取できるサプリメントを飲むこともスタート。

なお、乳酸菌サプリはDHCや小林製薬の商品など、いろいろ試していきましたが、今はフジッコが発売している善玉菌のチカラを飲んでいます。発酵食品に強いメーカーの製品なので、安心して飲むことができる乳酸菌サプリです。

【参考】善玉菌のチカラの口コミと評価

それから「運動習慣」というと大げさですが、仕事が立て込んでいる時などに同じ姿勢でこんつめず、時々立ち上がって休憩をとったり、ストレッチを取り入れて、リラックスする時間を設けることにしました。

運動が苦手な私でしたが、体調管理のために、春や秋は無理のないペースでウォーキングやランニングもしています。その結果、就職してからは、一度も便秘に悩まされていません。

一人暮らしを始めたことにより、自分で自分の体調を管理するために、色々と考える機会が増えたことも大きく影響していると思います。

「少し体が変だな」と気が付いたら、胃腸に負担をかけない食事に切り替え、お腹周りを動かす運動を適度に行うことが効果的です。おかげさまでは今ではお薬に頼ることなく、快「腸」ライフを送ることができています。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.