1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫妊娠初期の便秘が原因で生まれて初めて切れ痔になった

妊娠初期の便秘が原因で生まれて初めて切れ痔になった

妊娠中の便秘

私は29歳の、パート主婦です。ただいま妊娠6ヶ月。私が便秘になったのは、妊娠初期の頃でした。

妊娠をする前は、軽い便秘にはなったことはがありますが、妊娠初期の頃のような酷い便秘は未経験。症状がこんなに辛いもとのは思わず、初めて便秘で悩みました。

ちなみに、妊娠中はお腹がが大きくなることで腸が圧迫されるため、誰しもが便秘になりやすくなるそうです。ですので、今妊娠していて、便秘で悩んでいる方もみんなが通る道なので、あまり焦らないでくださいね。

生まれて初めての切れ痔!こんなに痛いなんて

私の便秘の症状は、2、3日出ないのは当たり前。便意を感じてトイレに行っても、ウサギのフンようなコロコロウンチが、数えられる程度でるだけでした。もちろん、お腹はパンパンに腫れています。

そんな便秘を繰り返していた妊娠初期の頃、またいつものように、便意を感じたのでトイレにいきまたしが、案の定やっぱり出てくれません。

ですので、「うーん!」と力を入れて頑張っていたら、その時です…。お尻がビリッと激痛が走りました。生まれて初めて、切れ痔になったのです。そんな経験は初めてだったので、とても焦りました。

不安になり妊娠関連の書籍で調べてみると、妊娠して便秘になり、それをキッカケで切れ痔になる人は、かなり多いんだそうです。ただ、多くの人が経験することとは言え、ほんとに痛くて、痛くてとても苦しかったです。

産婦人科の先生にマグミットを処方してもらう

そんな時、ちょうど妊婦検診がありました。先生は、私のお腹を見るなり、すぐに「これは便秘ですね」と言われました。妊娠初期にも関わらず、お腹がパンパンになっていたので、そりゃわかりますよね。

便秘は体に良くありません。そして、それは妊婦さんに当てはまることです。先生は、便秘薬を処方してくださいました。その便秘薬は、「マグミット錠(成分:酸化マグネシウム)」という薬で、妊婦さんでも飲めるものです。

私は過去に、大正製薬コーラックを飲んで、お腹の激痛に耐えれなかった記憶がありますので、先生に思わず「この薬は、お腹が痛くなりますか?」と聞きました。

先生からのお話では、普通の便秘薬とは違い、マグミット錠は、便に水分を含ませる薬なので、お腹が痛くなるような事はないようです(コーラックはビサコジルという成分で、腸のぜん動運動をさせるお薬)。その話を聞いて、安心して飲むことが出来ました。

マグミット錠を飲んだ翌日からすんなりと出てくれた

先生のおっしゃる通り、薬を飲んでも、全くお腹の痛みはありません。そして、翌日からはスムーズに便が出るようになりました。

また、便に水分が、含まれているだけあって、硬いものではなくとても柔らかい便が出した。イメージとしては下痢に近いものです。

マグミットは1日に3回(1回2錠ずつ)、計6錠を飲んでいます。そのおかげで、便秘は解消し、今ではスッキリと生活を送ることができています。

妊娠中の便秘で、お困りの方は沢山いらっしゃると思います。私も、薬をもらう前は、乳酸菌を含んだヨーグルトを食べてみたり、食物繊維のものを食べたりしましたが、それらの効果は一時的なものだったので、最終的には薬を飲んで改善しました。

妊娠中の便秘は赤ちゃんにとっても良いことではありませんので、もし症状が改善しないのであれば、すぐに産婦人科の先生に相談するようにしてくださいね。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.