1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫医師から切れ痔と診断されて超恥ずかしかった!原因は便秘

医師から切れ痔と診断されて超恥ずかしかった!原因は便秘

炭酸水とルイボスティー

32歳の女性で教育関係の仕事をしています。便秘とは、小学生の頃からの付き合いです。小さい頃からお腹が痛くて内科に行くと、大便がお腹に溜まっているとの診断をよくされていました。

また、小学校の高学年の頃から、大便を踏ん張りすぎてよくお尻が切れて痛かった記憶もあります。けれど、そんなことは恥ずかしくて家族にも相談していませんでした。

そんな毎日になれてしまい、便秘の症状を抱えたまま、いつの間にか大人になってしまいました。月日が経つと慣れてしまうものです。我慢も普通になりました。

高校生時代に病院で切れ痔と診断されて恥ずかしい思いをする

そして、私の場合は便を気張ると、お尻が切れるせいで、排便という行為そのものが本当嫌でした。ちなみに、高校生の頃にどうしても痛くて肛門科に行ってみると、切れ痔との診断。

お年頃で恥ずかしかったので、原因が分かってしまった後はもう診察に行けませんで。どうして、こんなに辛かったのかを今思い出してみると 人より水分を全取らいことが原因だったとおもいます。

そうすると、おのずとトイレに行く回数も少なくなるので、大便も5日くらいは出ません。それに日に一回しかトイレに行かない日もありました。

教育関係の仕事は、日中間 中々トイレに行けません。授業中に教師がトイレに行くわけにはいきませんからね。ただ、私には、もってこいの仕事でした。

周りの同僚からは、「そんなにトイレに行かないなんて、身体おかしくなっちゃうよ。私の友達もそれで腎臓を悪くしたんだから!」なんて言われていましたが、人と比べることもしなかったのでこの時には、まだ何も気にせずに放っていました。

それから、度々指摘されることも多くなり 自分が改めてひどい便秘だということにやっと気づきいたのです。それが25歳の頃でした。

便秘解消のためにいろいろ試すが全然解消されない

それから、とにかく便秘を治そうと色んな食べ物を試しました。まずは、ヨーグルト。スーパーで売っている明治のブルガリアヨーグルトをとにかく毎朝食べました。ただ、あまり変化はなかったです。

次は、蒟蒻(こんにゃく)。蒟蒻は食物繊維とセラミドが豊富だから、腸内環境改善と美容に良いと聞いたので、夕飯に蒟蒻を使った料理をいれたり、蒟蒻ゼリーも沢山食べました。ただ、これもあまり変化はありません。

その次に試したのがは、りんご。りんごは不溶性食物繊維が豊富な食品です。毎日に1個生でシャリシャリと丸かじりして食べましたが、これも変化は無かったです。

他には乳酸菌飲料(ヤクルトやビックル)や根菜類、本に書いてあるもの片っ端から試してみましたが、私にはそれほど効果もありませんでした。毎日排便がある日が来るなんて、当時は本当考えられませんでした。

ルイボスティーと炭酸水を1年間飲み続けたら便秘が解消

そして諦めかけていたとき、たまたま病院で血液検査をしたら、自分の血がドロドロだということを知りました。確かに、お風呂に浸かって出ようとすると立ちくらみは毎回だったし、思い出せばそもそも一日分を満たない水分不足状態です。

それのせいか分かりませんが、身体が弱くなり体調をちょくちょく壊すことがありました。その結果を見て、どうにかしなきゃと思ったんです。

そして、根本的な原因である水分不足を解消するために、冬は有機のルイボスティー(薬局で購入)を毎日飲み 夏はセブンイレブンで買える炭酸水(100円)500ミリリットルは、毎日飲むようにしました。

特に、良かったのが有機ルイボスティーです。飲み続けて3ヶ月で効果がみられてきました。

ルイボスティーを飲むことで体は温まるし、毎日の水分もいっぱい取れるように体が変化してきたのです。それに、炭酸水も自分にあっていたようで継続して続けられました。

そして、それらを飲み続けて一年が経過がしましたが、毎日排便がある日ようになったのです。今では排便痛もなくなり 踏ん張らなくても、便が出来るようになって今では、毎朝とても気持ちが楽です。

今も便秘に悩んでいる方、是非ともルイボスティーと炭酸水でまずは水分補給が始めてみてください。こんなに長い間私が悩んでいたことなので試す価値ありだと思いますよ。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.