1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫キウイとみかんを食べ続けて便秘が治った@薬嫌いにおすすめ

キウイとみかんを食べ続けて便秘が治った@薬嫌いにおすすめ

オレンジとキウイ

私は30代後半の女性です。職業は座る仕事の多い事務職をしており、日中はずっとパソコンを立たいるため、平日は体をほとんど動かしません。そして、便秘の症状は仕事を始めた頃から現れるようになりました。おそらく座っていることが多くなり、また車通勤のため運動をすることが少なくなったことが原因だと思います。

どのくらいの期間、便が出ないかといえば、私の場合は1週間以上続くことはザラです。長い時では10日近く出ないこともありました。状態は、お腹が空気を思いっきり吸い込んだように張り、お腹全体がプクっとしていて重たく動くのも辛かったです。

パンツ(ズボン)をはくときも、ベルトで締めるタイプは、お腹に食い込むくらい痛くて履くことはできませんでした。そのため、できるだけ伸縮性のあるゴム製の服を着るようにしていましたが、それでも1日着ているとお腹にしっかりと跡が残ったので悲しかったです。

便秘解消のために取り組んだのはミカンとキウイを毎日食べること

便秘解消で取り組んだ中で私が効いたのは、お腹のマッサージ(筋肉をつける)こととフルーツです。秋冬はいつもミカンやキウイフルーツを食べており、特にそれが効果があったのでは?と感じています。

秋頃になるとスーパーの店頭で、ミカンが市販されだすために、その時期になると朝1、2個ずつつ毎日必ず食べるようにしていました。種類は特に問いません。みかん、ポンカン、イヨカン、デコポン、甘夏などを、スーパーで安かったものを買ってきてほぼ毎日食べていました。

みかんの袋(半透明の皮の部分)ごと食べられるものは、白いスジの部分もなるべく食べるようにしています。あの白い部分はアルベドと言われている部分ですが、食物繊維とビタミンP(抗酸化物質)が豊富なので、捨てるのはもったいないです。

キウイフルーツは、こちらも種類は問わず時々食べています。だいたい数に1、2個を夜にたべています。それらのフルーツのおかげで、便秘の症状はかなり改善されました。

夏でみかんが手に入りにくい時期はポンジュースで代用

夏にミカンやキウイフルーツがない時には、ポンジュースを飲むようにしていました。みかん100%のジュースです。朝食後に毎朝1杯飲のむような感じです。

なお、どのくらい便秘が改善されたかですが、正直なところ必ず毎日スッキリするというわけではありません。ただ、長期間お腹が張ると言う事は無くなりました。長くても2、3日で便秘が収まるようなイメージです。

合わせてお腹のマッサージも行うようにしているのですが、これは仰向けに寝転んで膝を少し立てます。

その状態で、おへそを中心にして腸に合わせて時計回りに指先で軽く叩く、もしくは腸に合わせて軽く押さえた指先でなぞるような感じで刺激を与えていくという方法です。ヨガでいうところの赤ちゃんのポーズに近い体制をしながら、お腹をさすってあげます。

ヨガの赤ちゃんのポーズの効果@便秘が解消

フルーツでの便秘解消は手軽にできて依存性が無いのでおすすめ

毎日のフルーツ習慣で、今では1週間以上の便秘は無くなりました。そして、少しでもお腹が張っていると感じたら、マッサージをするようにしています。マッサージは毎日でなくても「少し便秘かな?」と感じる時など予防のために時々行っています。

今でも座り仕事が多く1日の終りにはお腹が張っていますが、毎朝ミカンを食べることでお腹が重たくなるほどの便秘は解消されましたよ。

乳酸菌サプリなどのようにびっくりするほど効果があったわけではありませんが、毎日フルーツを摂取するだけで長期便秘の予防には役立っているいます。ですので、サプリや薬が苦手だという方には、一度試してみて欲しい方法です。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.