1. ホーム
  2. みんなの便通改善法
  3. ≫ヨガは便秘に効くの?【三角のポーズで便秘が治った】

ヨガは便秘に効くの?【三角のポーズで便秘が治った】

三角のポーズ

雑貨店に勤務している30歳・男性です。実店舗を持った雑貨店ではありますが、主な収益はネット販売によるもので、パソコンでの作業がほとんどです。

つまり、1日中座りっぱなしの姿勢でいます。この姿勢が体にはよくありません。腰のあたりがだる重くて、定期的に立ち上がってストレッチはするものの、もはや慢性化しているような状態になっていました。

普通なら座るという行為はリラックスできるかもしれません。しかし、私にとって座る=辛い姿勢に他なりません。低反発のクッション性のある座布団を敷いたり、椅子の代わりにバランスボールを使用したり、ホッカイロを腰に温めて血行を良くしたり、エルゴヒューマンの良い椅子を購入したり、逆に冷シップを貼ったり、など自分なりに工夫しましたが、全く効果が無かったです。

便秘になるとお腹いっぱいにガスが貯まって苦しい

さて、そんな座りっぱなしに端を発する腰痛ですが、最悪なことに便秘も併発してしまいました。これまでの人生でここまで長期の便秘に陥った経験はなく、本当に苦しい毎日です。私の便秘の場合、ガスが上手く出ないのが一番の悩みです。

なんというか、ガスが常にお腹に溜まっていて苦しいのです。食事は野菜不足で肉食が中心のため、腸内にも悪玉菌が多くなっていることも原因だと思います(たんぱく質は悪玉菌のエサになるので)。

また、就寝中には呼吸困難に陥って、パッと目が覚めることもしばしば。その際には心臓の動悸や冷や汗が半端ではありません。目覚めることが出来たからよかったものの、一歩間違えればどうなっていたことやら。

また、稀に訪れる便意を催した時にも辛い思いをすることがあります。例え、便を出すことが出来たとしても、必ず出血を伴うので、すごく不快感が残るのです。出した後なのに、すっきり感が全くありません。むしろ残便感を感じるほどで、もしかすると別の病気の可能性すら危ぶまれます。

ヨガを始めたらスルッと便が出るようになった

そんな中、取り組んだ対策がヨガでした。友人(ヨガ教室に通っている)に便秘のことを相談すると、一度一緒にやってみようと誘われたのですが、これに抜群の効果がありました。ゆったりとした動作の中、普段意識することのない呼吸に全神経を集中させます。

数十分続けたところ、お腹の中で、グルグルという胃腸が活発に動いている音が聞かれるではありませんか!同時に、お腹や胃のあたりがすごく楽になったのを今でも覚えています。教えてもらったヨガの動きを数日続けたところ、久しぶりに出血なしで快適に出すことができました。

全く力むことなく、自然な力だけでスルスルと出たのです。思うに、座りっぱなしの姿勢によって体が歪み、血行が悪くなっていたのでしょう。また、体の重心もズレていたに違いありません。出血していた頃と今とを比べると、なんというか、力の入れ方が全く違うのです。それらをリセットする効果がヨガには間違いなくあります。

ちなみに私が特に気に入っているのが三角のポーズです。上半身をねじるような動作をするのですが、腸に良い感じで刺激を与えらえて、便秘にかなり効果がある気がしています。

生活習慣の改善は便秘解消には欠かせない

生活習慣とは怖いもので、知らず知らずのうちに体に染みついてしまいます。それが体にとって良くない事ならば、大変なことにつながるかもしれません。

そうならないためにも、日々の疲れや歪みをその日のうちにリセットすることは非常に大切なことです。便秘の原因は人それぞれだと思いますが、私のように仕事での負荷やストレスが原因ならば、ヨガは大変有効だと思います。

ヨガは一回ポーズを覚えてしまえば、自宅でも簡単に取り組むことができますので、おすすめの便秘解消方法です。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.