1. ホーム
  2. 便秘・下痢・腹痛の体験談
  3. ≫東南アジア旅行中に便秘に!下剤を飲むかどうしよか悩んだ結果

東南アジア旅行中に便秘に!下剤を飲むかどうしよか悩んだ結果

現在41歳の女性で専業主婦です。結婚する前の34歳の時に、私は夫になる人の許可をもらい、一人旅に出かけました。

それは結婚したら、気軽に旅行に行くことはできなくなるし、独り身の自由なうちだけだからと思ったからです。行先は東南アジア。以前にも東南アジアには行ったことがあり、その時には食べ物で下痢になるほどだったので、自分が渡航してから便秘になるなんて思っても見なかったです。

東南アジアへの旅行予定日数は2週間。その地域には友人も何人かいたので、自由に一人で行動する日と、友人と共に行動する日を分けて計画していました。

気が付いたら便が5日間も出ていない

そして、楽しみにしていた旅行がスタート。結構限られた日数で訪問する場所はたくさん予定していたので、移動してはホテルに滞在、そして観光してまたホテルに滞在ということが続きました。

しかし、気がついたら便が出ていなかったのですね。それを自覚したのは、旅行を初めて5日目くらいのときでした。

その旅行には、下痢に対する薬は持参をしていました。しかし便秘に対する薬は持っていなかったのです…。

今まで海外で便秘になったことなんて、なかったのでそんなことは予測もしていませんでしたので。幸い現地では比較的容易に薬を買うことはできます。

しかし、私は海外で便秘薬(下剤)を飲むのがすごく怖かったのです。旅行中なので、便意を催してもすぐにトイレに行けるかどうか、またトイレそのものを見つけられるかもわかりません。

悩んだ挙句、旅行中は便秘薬は使わないと決めた

そのためにできれば便秘薬は使用したくなかったので、私は薬を使用することは選択しませんでした。そして自然に出ることを待つことにしたのです。

便秘を解消するためにお腹を「の」の字にマッサージをしたり、水分を多めにとって便が自然に出ることを待ちました。しかし、なかなかその時はきません。

逆にお腹がはってくるばかり、あまり腸が動いていない感覚があったのです。そして便が詰まったような不快な感覚も。このままではだめだと思い、ある夜トイレにこもる決心をしました。

トイレの中でスクワットをしたり、洋式トイレの上で和式ずわりをしたり。むやみにジャンプを繰り返したり。とにかく、便を下へおろそうと努力をしたのです。

そうしてようやく便意がやってきました。しかし、そこからいきむのも大変。なにしろ10日間もお腹にいたのですから、そう容易には出てきてくれません。

格闘すること数時間。ようやく私はそのつまりから解放されたのです。栓となるものが一気に出たからでしょうか。その後は快調でしたね。そんことがあってから、私は旅行の際には便秘薬のプルセニドと、腸内環境を整えるために乳酸菌サプリ・善玉菌のチカラを持っていくようにしています。万が一のお守りのためですね。

【参考】善玉菌のチカラの口コミ@自腹購入して飲んでみた評価

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.