1. ホーム
  2. 便秘・下痢・腹痛の体験談
  3. ≫ヨーロッパ旅行中に急な下痢の症状が来た時にホームレスの男性に助けてもらった

ヨーロッパ旅行中に急な下痢の症状が来た時にホームレスの男性に助けてもらった

10代の頃から、1年に1回の頻度で猛烈な下痢に襲われています。頻度こそ少ないものの、毎回猛烈な吐き気やめまい、目の前が真っ白で貧血のような状態になり大変な思いをするのです。

病院にも言ってみたのですが、「これが1週間に1回とか3日に1回ならば問題だんだけどねえ。年に1回でしょ。どうしようもないねえ」とお医者さんに言われておしまいでした。

しかも、その猛烈な下痢の症状は毎回なんの兆候もなく、突然発症するので困ってしまうんです。そんな私の下痢エピソードから、一番困った時のものを今回はお話しします。

バスの出発前に突然下痢の症状がやってきた

私が大学生の頃。友人と東ヨーロッパにバックパック旅行をしました。前回の強烈な下痢から1年以上経っていたでしょうか。すっかり自分にそんなトラブルがあることも忘れていました。

が、忘れた頃にやってくるアイツ。よりによって、見知らぬ異国を旅行中に発症したのです。しかも、空港に向かうバスがあと30分で出発というタイミング…。

このバスを乗り過ごしたら飛行機も見送ることになってしまう。どうしてこんなときに!と思いましたが、そんな雑念を全て取り払ってしまうかのような、吐き気、めまい、そして腹部はゴロゴロイヤな音がする。

友人心配かけまいと思い、なんとか「絶対にバス出発10分前に戻るから!」と言い残しフラフラとトイレを探すために待合室の外に出ました。

その間にも症状はもっとひどくなり、歩くのもやっとの状態。友達についてきて貰えば良かったと思いましたが、すでに待合室に戻る元気さえありません。

どこでもいいから公衆便所はどこ!と探し求めました。ヨーロッパの公衆便所って日本のものとは違って、強烈に汚いんですよ。

綺麗なところに入るには有料(といっても100円程度)のところを選ぶのがベスト。私は汚いトイレが耐えれないたちなので、ずっと旅行中は有料のところやホテルのトイレを選んでしたいたのですが、今回はそうは言っていられません。

ホームレスの男性に泣きながら公衆トイレの場所を教えてもらう

息も耐え耐えになりながら、道にいたホームレスの男性に「と、トイレはどこ?」と半泣きになりながら、尋ねました。

トラブルに巻き込まれる可能性もあるので。普通の状況ならば話しかけないのですが、もうホームレスの男性もあまりの私の形相に驚いたのか、私にものを乞うこともなく「あ、あっち…」と指をさして教えてくれました。

フラフラになりながら男性が教えてくれた地下道への階段を下ると、あった!公衆トイレ!とりあえず間一髪のタイミングで出すものを出し、はーすっきり!と思うと同時に、今まで白くぼやけていた視界がサーっとはっきりしてきました。

そしてそれと同時に見えてきた私の周りの状況。もーー今まで見たことがないくらい汚い!やばいトイレでした!!紙はもちろんないので手持ちのティッシュで。それでも足りなかったので、ガイドブックを破ってそれで拭きました^^;

そしてつま先立ちで移動し、さっさと退散。どうにか空港行きのバスにも間に合い、飛行機に乗れて無事に帰国することができました。

トイレは今思い出すだけでもオエえーな感じですが、あのホームレスの男性が教えてくれなかったら漏らしてしまっていたかも。私の命の恩人です!

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.