1. ホーム
  2. 便秘・下痢・腹痛の体験談
  3. ≫便秘を解消するためにトイレでジャンプしていたら、その様子を家族に動画撮影されていた!

便秘を解消するためにトイレでジャンプしていたら、その様子を家族に動画撮影されていた!

便秘対策の運動

私は39歳の女性で専業主婦をしています。出産後に体質改善がされたせいか、今は便秘で悩むことはありませんが、20代の頃はそれはもうひどい便秘でした。

体質的に冷え性な上、薄着が好きでお腹が見えるか見えないかのローライズジーンズをよく履いていたので、自業自得なところもありました。そんな服装が腸に良い訳がありませんからね。

そして、今でも思い出すと家族中で笑ってしまう便秘話です。だいたい、いつも便秘の症状が最大限に苦しくなるのが年末年始。

便秘の症状は突然やってきた

暴飲暴食に、餅におせちにケーキにと胃の中はパンパンです。ただでさえ便秘ぎみの私にとって、それは突然やってきます。

脳の中では今にも出そうな感じでトイレに向かうのですが、全く出ません。そこで、ウォッシュレットでお尻を刺激します。ただ、そんなことでは出てくれません。一回出直して白湯をぐいっと飲みます。

「おっ!今度こそは産まれるかも!」と大きな声でいう私。知らない人が聞いたら出産と勘違いされますね。でも私にはもはやその時は、出産ぐらいの一大イベントなのです。

しかし、どれだけいきんでも出ません。よしこうなったらと、元劇団員のこの腹式呼吸をと、下も履かずにお腹を押しながら「あ、え、い、う、え、お、あ、お」を繰り返します。

それでも出ない…。虚しく私の劇団魂は散りました。

よし次はこれだと、まだ当時は知らないラマーズ法実践です。「ヒィ!ヒィ!ふぅーっ!」と力を込めて便器の上で頑張ります。

便を下にするためにトイレの中でピョンピョンとジャンプ

産まれてくれーっと願うも、おめでた成らずです。脳内では出たい出たいと言われているのに。何で出てこれないのよと怒りも達した時、もう一度心を沈め白湯を飲みほし、トイレのドアも全開でぴょんぴょんとあちらこちらに上下に飛び回ります。

「もっと下にさがっておいで!」とばかりに飛びまくる私。最後は自分でも気がつかないくらい大きな声で、発声をしながらぴょんぴょん飛び回っていた様で、心配になった母と姉が見にきていました。

あまりにおかしな娘と妹の露わな姿に無言で戻っていく2人…。

数分後私の壮絶な努力は実り、5日分の私を苦しめた便は敗北の白旗を上げて流れて行きました。

勝った。汗だくでトイレからフラフラで出てくるやいなや、これはもう出産は怖くないな私はと呟きました。しまったと思ったのはその2分後です。

なんと姉が笑いを堪えながらその様子を動画に撮っていたのです。家族中に知れ渡り大爆笑になっていました。

もはや伝説の戦いです。あまりの恥ずかしさにその日から、野菜を多めに食べ、必ず1日1回はトイレでの習慣を堅く決意をしました。15年以上経ったのに今でも我が家では語られる便秘話です。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.