1. ホーム
  2. 便秘・下痢・腹痛の体験談
  3. ≫職場の研修中に突然の腹痛が!トイレのこと以外は考えられなかった

職場の研修中に突然の腹痛が!トイレのこと以外は考えられなかった

研修

現在39歳の女性、仕事はアルバイトをしています。以前、別の仕事をしていたときに下痢で大変な経験をしました。

受付業務をしていたときのことですが、半年に一度受付研修があり、その日は全員必ず出席するように上司に言われていました。

そのときは、もうすぐ夏季休業ということや無事に繁忙期を終えられた安堵感からか、少し気が抜けてしまい体調を崩していたのです。

私は体調を崩すと、まず大体胃腸をやられることが多く、そのときも胃腸の調子が悪いことを感じていました。しかし、研修を休むわけにはいかず、その日は途中にトイレに寄ることも考えて、余裕を持って早めに研修会場に着くように家を出ました。

研修会場に付く前からすでに下痢の兆候

ところが会場へ向かう電車の中からお腹が痛くなり、これはまずいと思ったのです。すぐに駅でトイレに行ったものの、なかなか下痢が治まらず、時間がどんどん過ぎていくばかりで焦りました。

もう仕方がないと、少しだけ腹痛が治まったところで急いで会場へ向かったのですが、まだ下痢が治まる気配はありません。

研修が始まると最低でも二時間はかかるので、会場に着いてから研修開始直前に、念のためもう一度トイレに行っておきました。

そして研修が始まり、部長の話が始まると会場は一気に緊張感に包まれました。この緊張感がさらに私のお腹をチクチク突き刺し始めたのです。

開始三十分ほど経ったころでしょうか、部長の話が一通り終わり、今度は受付全体としての反省の話が中心になりました。

身に覚えのある反省点が多く、そのことがさらに私のお腹を攻撃し始めて、猛烈にトイレに行きたくなったのです。もう額には脂汗が浮かんでいます。

しかし研修はまだ三十分終えたばかりで、いよいよこれからが本番といった時間です。もう頭の中は仕事どころではなく、トイレのことでいっぱいでした。

腹痛を紛らわせるために必死に資料に書きなぐり続ける

何とか気を紛らわそうと思い、必死に資料に色々なことを書きました。

書くというよりも、何かすることで意識をそちらに向けようとしているだけなので、中身は研修と全然関係のないことで、早くトイレに行きたいとか、次長の話が長すぎてつまらないとか、しつこいなーその話さっきも聞いたよ、等々とにかく書きなぐっているという感じです。

文字だけでは意識をそらすことが難しくなると、会社のマスコットキャラクターの絵を書いたり、とにかく必死にトイレに行きたい衝動と闘っていました。

そうしているうちに、やっと研修が終わりました。私が真っ先にトイレに駆け込んだのは言うまでもないのですが、トイレから出た後に同僚から、随分熱心にメモ取っていたよねと言われて、本当のことを話して落書きだらけの資料を見せたら笑われてしまいました。

私にとっても今は笑い話ですが。あのときは本当に二時間弱の時間がとてつもなく長い時間に感じました。

また、半年後の研修のときは前回のトラウマがあり、またあんな事態になったらどうしようかと不安になって、それ以降は幸いなことにあんな腹痛は二度とごめんだと思い、腸をよくするための乳酸菌サプリのビフィーナSを愛用しています。そのせいか、ひどく体調を崩したのはあのときだけで良かったです。

【関連】人気の乳酸菌サプリまとめ

待ったなしの下痢のときにトイレに行かれないことほど辛く苦しい症状はないなと、つくづく思いました。しかしよく耐えられたものだと自分をほめてあげたい気持ちにもなった、そんな経験です。しかし二度とあんな経験はしたくは無いですね。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.