1. ホーム
  2. 便秘・下痢・腹痛の体験談
  3. ≫巨大迷路中に突然の腹痛!彼氏も顔面蒼白の私にドン引き

巨大迷路中に突然の腹痛!彼氏も顔面蒼白の私にドン引き

巨大迷路で腹痛

現在40歳のパート主婦です。今回お伝えするのは、5年ほど前に私に起きた出来事です。今でも時々笑い話として酒の肴にされてしまうのですが、思い出すたびに、穴があったら入りたいと思います。

現夫である彼とはまだ付き合いが浅く、デートも近場をぐるぐる回る程度のものでした。そんな初々しい関係だった私たちが初めての遠出を決行したわけですが、選んだ場所は某レジャー施設の近くにある巨大迷路。総面積が3000平米を超えるほどのビックサイズでした。

いい歳の大人がなんで、巨大迷路?と思われるかもしれませんが、私がそういった場所が昔から大好きだったからです。

男性がそばにいると緊張する体質

私は女子高、女子大出身でずっと幼稚園教諭をしていたのですが、男性との接点はずっと少ない環境でした。そんな状態で思春期から20代・30代を過ごしたせいか、男性と一緒にいると極度に緊張してしまう体質でした。

特に「トイレに行きたい」という言葉は、なんだか男性の前では行ってはいけない、そんなことを言いうのは、はしたない女だと自分の中で思い込みがありました。そんな考えを持っていたので、どれだけトイレに行きたくなったとしても、デート中に「トイレに行きたいです」なんて、言うことはできなかったです。

今回のデートは目的地までが片道2時間弱です。そのくらいの時間なら我慢できるので、ドライブ中にトイレに行きたくなる可能性はまずありません。目的地につけば「ちょっと飲み物でも買ってきますね」という感じで席を立つことができるので、これならトイレの心配もないなという安心もありました。

巨大迷路に入った途端に腹痛がやってきた

そして、ランチを食べて、早速迷路に入りました。簡単に抜けられないからこそ遣り甲斐があるともいえる迷路ですが、なんだかお腹がごろごろしてきたんです。最初は気のせいかと思いましたが、定期的にお腹に差し込むような痛みが襲ってきます。

最初は10分間隔程度だったものが、8分、7分とどんどん短くなってきて、脂汗さえも出てきてしまうようになりました。

トイレに行きたいという言葉を言うことさえも恥ずかしい私にとって、「お腹が痛い」、「ウンチが出そう」なんていうことは、彼氏に口が裂けても言えません。

こうなったら早く出口を見つけるしかありません。とにかく迷路に集中して取り組もうとしたのですが、お腹の差し込みのせいで集中力さえも途切れてしまいます。

大人な故に、漏らしてしまうなんていうことは全く想像していませんでした。ただ、あまりの辛さに、もしかしたら漏らしてしまうのではないかという恐怖さえ芽生えてきました。

外に出られたとしても、すぐにトイレのある場所を見つけることができるかわからない、もう限界に近かった私は、意を決して彼に「お腹が痛い…」と伝えました。

腹痛で顔面蒼白の私に彼氏もビックリ!

私は顔面蒼白だったようで、彼もその表情にびっくりして、すぐに私の状況を察知してくれリタイアをすることになりました。ただ、トイレまでの道のりもとても長く感じ、もし混んでいたら絶対に漏らしてしまうな、そんなことを考えていました。

幸いにもトイレは混んでいなかったので、すぐに利用することができましたが、本当に辛く、そして一生忘れることができない下痢の思い出です。

トイレ中に何が原因だったのか考えていたのですが、おそらくランチに食べたチキンのサラダが悪かったのではないかと思えて仕方がありません。便を出した後は、腹痛も収まり入院などをせずに帰宅することができました。

もし、私のようにトイレに行くのが恥ずかしいと考えている方へ忠告ですが、そのまま漏らしてしまう方が恥ずかしいことです。子供だって、トイレに行きたくなったら、きちんと言うのですから、我慢せずにトイレに行きたくなったときには、行くようにしてくださいね。

【人気】便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキング

便秘解消におすすめの乳酸菌サプリ
便通改善や腸内環境の正常化におすすめの乳酸菌サプリメントをランキング形式で紹介。また、乳酸菌サプリを選ぶ上での5つのポイントも解説中です。

便通改善におすすめの乳酸菌サプリランキングはこちら
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.